借入先を選ぶときのポイント

カードローン選びの最大のポイントとなるのが、いくらお金を借りたいか、金利はどれくらいかという点です。
消費者金融の場合は借入金額の総額を年収の1/3未満に制限する総量規制という法律が適用されます。
このため自身の年収や他社からの借入額によっては、消費者金融では希望する金額が借りられない可能性もあります。
もちろん年収ゼロである専業主婦は申し込むことができません。また金利でみると銀行よりも高めです。
ただし審査スピードや審査通過率を重視する人は消費者金融を選ぶケースも多くなっています。
では無職の専業主婦はどこで借りられるのかというと、それは総量規制対象外の銀行カードローンになります。
銀行カードローンの中で専業主婦でも借入OKとなっている商品に申し込み、審査に通れば融資を受けることができます。
この場合配偶者が安定した収入を得ていることが条件ですが、特に同意書や収入証明書は不要なので安心です。銀
行のカードローンは消費者金融と比較すると全体的に金利の設定が低いことがポイントです。
また利用限度額が高額まで用意されているので、大口融資を希望する人や複数借り入れをおまとめしたい人にも最適です。
大手銀行のカードローンでは審査も日々スピード化しており、最短で即日融資にも対応している商品もあります。
このほか無利息期間や女性専用ダイヤルの有無、また提携ATM利用手数料の低さなど、さまざまなニーズに応えるサービス面でカードローンを選人も多くなっています。
インターネット上では多様なカードローンの特徴を徹底比較する便利なサイトも用意されているので、自分に合った商品を見つけるのにおすすめです。